メニュー







当院の小児科について

小児科専門医としての知識・経験を生かし、お子さんの診療にあたります。
病気だけでなく、予防接種・成長・発達など、お子さんのあらゆることをトータルに支援していきます。また、系列クリニックに小児アレルギー専門医が所属しており、指導の下、気管支喘息・アトピー性皮膚炎・食物アレルギーなどアレルギー性疾患も診療を行っています。

成長をしていく子供達にはいろんなことが起こるものです。何か気になることがあれば、どんなことでもまずはご相談ください。
もし、当クリニックでは解決できない場合は専門医療機関と連携をさせていただきながら、お子さんとご家族のサポートをしていきますので、「困ったときの窓口」にしてください。

こどもの急病について

頭を打った

赤ちゃんや幼児は身体のわりに頭が大きく、頭を打つことがしばしばあります。けがの[]

便に血が混じる(血便)

鼻腔から肛門までの間、特に消化器に出血が起こると便に血が混じりま[ ]

何かを飲み込んだ(誤飲)

あわてずに対処しましょう!大事なことは“「何をどれだけ」のみこんだか?”です。[]

赤ちゃんが泣きやまない

赤ちゃんとはよく泣くものです。泣くのが仕事のようなもので、泣くことが自分の[ ]

熱が出た

こどもは夜によく熱を出すものです。その原因の多くは[ ]

咳がひどい

こどもはよく咳をします。咳は気道の異物や刺激に対して反射的に生じる[ ]

おなかが痛い

こどもの腹痛はわかりにくいものです。まず、こどもの様子をよく観察し[ ]

じんま疹が出てかゆい

じんま疹もよくある病気です。突然皮膚がかゆくなり、そこを見ると虫さされのような[ ]

あしが痛い(下肢痛)

関節や骨などに異常があると、元気で動き回っているときに一番[ ]

頭が痛い

頭痛の原因はさまざまです。脳の病気のほかに血圧や血管の[ ]

ゼーゼーいう(喘鳴/ぜんめい)

ゼーゼーは、空気の出入りする通路(気道)が狭くなったために[ ]

新しい記事を隔週で投稿いたします。次回更新は1月18日ころです。

治療方法

舌下免疫療法について

アレルギーの原因である物質(「アレルゲン」と言います)を少しずつ投与することで、体を[]

関連ページ