メニュー







院長紹介


Q:吉野先生のご経歴を教えてください。

A:東邦大学を卒業後、東邦大学第2外科(現、消化器外科)に入局。消化器外科を専門として研鑽いたしました。その後、消化器内視鏡の研修を経て、世田谷区の大脇病院や東京明日佳病院といった急性期病院で下部消化管内視鏡を年間300件以上、計約4000件の経験を積んで参りました。専門化・細分化する現代医療に身を投じる中で、特定の臓器や疾患に限定せず多角的に診療を行う“primary care”(総合診療※1)に興味を持つようになり、令和2年8月にタムスグループの門を叩きました。

Q:タムスファミリークリニック豊洲の特徴を教えてください。

A:総合診療医と小児専門医が2名体制で診察を行うため、老若男女、様々な症状を診ていくことが可能です。
先日、お父様と息子様が揃って風邪をひいてしまったという親子が来院されました。一度の受付でお二人の診察ができることは利点ではないかと思っています。
なんと言っても“ファミリークリニック”ですから! 今後もご家族で頼っていただけるようになれたらいいなと思っています。また、より便利により身近に利用していただけるよう一般診療以外の自費診療や予防接種もweb予約が可能である点や、感染症流行時にも広いクリニックを有効活用し、隔離して診療するなどの対策ができる点も特徴です。

Q:タムスファミリークリニック豊洲に来院される患者様の傾向を教えてください。

A:ご高齢の方、若いファミリー、外国人の方をはじめ、近所に大きなオフィスビルが2カ所くらいあるので、仕事帰りや仕事中の社会人の方がスーツ姿で来院されることもあります。
豊洲というとインテリジェンスな方が多いイメージがあったので、専門性を求めて受診されるのかな?と予想していましたが、実際には幅広く診てもらおうという目的の方が多いように感じています。そのため、どのような患者様に対してもまずは話を聞いて、何を求めているのか、どうしたいかという部分に応えていきたいなと思っています。

吉野先生

Q:吉野先生の趣味や休日の過ごし方を教えてください。

A:休日はサッカーの試合を見たり、近所をランニングしたりしています。他にも、以前に船釣りをやっていたこともあり、昨年から釣りを再開しました。
今年は秋が豊漁でしたね。たくさん釣れなくても、待つ時間すら楽しいのが釣りなんですけどね。

吉野先生

Q:最後に、地域の方々や「かかりつけ医」を検討される皆様にメッセージをお願いいたします。

A:当クリニックで治療を続けるのか、専門医をご紹介するのか、この先どのような治療をしていこうかというところを一緒に考えていける、いわばお悩みの受け皿となって地域の皆様の生活をサポートできたらと考えております。通いやすく、気軽に頼っていただけるような「かかりつけ医」をめざしてどのような症状も診察させていただきますので、今後ともタムスファミリークリニック豊洲をよろしくお願いいたします。

吉野先生

※1 総合診療…科目にかかわらず全般的に診療をさせていただくこと

吉野 正晃院長
経歴

  • 日本外科学会 専門医
  • 日本消化器外科学会 認定医
  • 日本消化器外科学会 消化器がん外科治療認定医
  • がん診療に携わる医師に対する緩和ケア研修会修了
  • NST医師教育セミナー 受講

小児科医師紹介



Q:はじめに、先生の専門分野を教えてください。

A:公益社団法人日本小児科学会認定小児科専門医、一般社団法人日本アレルギー学会認定アレルギー専門医として診察を行っております。

Q:川島先生が子どもたちの診療をする際に気を付けていることはありますか?

A:実は普段、少しだけ早口になってしまう自覚があるんです。(笑)
ですが、子どもたちにも自分自身の身体の状態やこれからの処置のことを理解してほしいので、子どもたちの目線に合わせてゆっくり話しかけることを心掛けています。

川島先生

注射が嫌で怖がってしまう子どもも多いですよね、痛くないように、もちろん心掛けますが、「痛くないよ」は嘘になってしまうので、「痛いけどちょっと我慢しようね」と伝えています。子どもを一人の人として尊重し、心の準備ができるように、子どもだましは絶対にしないようにしていますね。

Q:子育てをしているお父さん・お母さんに伝えたいことはありますか?

A:私も2人の子どもがおりますが、子育てって本当に難しいです! 前述のとおり子どもの気持ちをくみ取って、尊重してあげることが大事だとは思いつつも、大人にも当然ながら感情があるので、自分の子どもたちに対して余裕がないときは私にもあります。
それに、どんどん成長をしているように見えても、誤飲・誤嚥・転落等々子どもの周りには危険なことがたくさんありますからいくつになっても油断なりません。大変だなと感じるときには自分自身も子どもたちと一緒に成長させてもらっているという気持ちを大切にできたらいいのかなと思っています。
今は子育ての不安も子どもの身体への不安もSNS等で様々な情報を見ることができるようになりました。小児科の先生で情報発信をしている方も沢山いますので、ご自身で子育てや医療に関する情報を調べてみるのもいいと思います。ただ、すべてが正しいわけではないので、何か気になったことがあったときはかかりつけ医として、そして子を持つ親としてお話をお伺いさせていただければと思います。
あとは、コロナウイルスの影響でクリニックや病院にいくのが心配という保護者の方もいらっしゃいます。ただ、お子さんを守るための予防接種や検診であることをご理解いただき、できるだけ遅らせることはせず、早めの来院をお願いできればと思います。

Q:タムスファミリークリニック豊洲は地域の皆様にとってどんなクリニックでありたいと考えていますか?

川島先生

A:困ったことや悩み事など、気楽にどんなことでも聞きに行ける「最初に相談したいクリニック」でありたいと考えています。疾患の診断や治療だけではなくて、予防医療や検診などの健康維持・健康促進のための啓発活動も大事な責務だと思っているので、地域に根差した医療活動を行いたいですね。

小児科に関しては、先ずは保護者の方と信頼し合うことができないと、子どもたちも私たちを信頼することができませんので、お子さんの症状、日々の治療方法、今後の対応について信頼し合い、不安や心配があった顔が晴れる日が来るようにしたいと思っています。

Q:川島先生の趣味や休日の過ごし方を教えてください

A:家族と買い物に出かけたり、連休があればキャンプに行ったりもします。同時期に友人家族とご近所の家族に誘われてキャンプを始めたらハマってしまって、来週も行く予定があります! ただ、実は晴れた日にキャンプをできたことがほぼないんです。晴れの予定でも雨が降ります。友人が雨男みたいなんですよね……(笑)

A:本院では、内科・小児科・整形外科を診療いたしますので、家族全員が何かあったときに相談しやすい環境を作っていきたいと思っています。
さらに専門的な分野の治療が必要になったときにはtumsグループ内の諸先生方や、提携病院への紹介を行いながら、適切な治療をさせていただく予定です。
駅に近く気楽に受診できるクリニックとして皆様にご活用いただければと思います。ご来院、お待ちしております。