メニュー







院長紹介


Q:はじめに、佐々木先生の担当診療科目を教えてください。

A:専門は消化器内科、特に内視鏡検査ですが、内科一般、整形外科、皮膚科、小児科の患者様を担当しております。

Q:開院まであと1カ月ですね。(取材日2020年3月)院長就任までの経緯と、現在の心境を聞かせてください。

A:はい。昨年6月に東京都葛飾区にある新小岩駅前総合クリニックの谷川院長から、新しく開院するクリニックの院長をやってみないかとお話しをいただき、「ぜひやらせてください!」とお返事しました。4月24日の開院まで1カ月となり、内装やスタッフ、診療内容やネット予約の方法など徐々に固まってきました。内装はすべて新品なのでとてもきれいです。
オープンしてみないと分からないことも多いのですが、頑張っていきたいです。

Q:桐和会グループには“わんぱくクリニック”や“にこにこクリニック”などがあり、クリニックの特徴によって名称を分けています。本院は“ファミリークリニック”の第1号ですが、他のクリニックとの違いや強みを教えてください。

A:これまでのクリニックは、総合診療科、小児科など、ある程度専門性が分かれていました。
当院は、総合診療医の私と小児科専門医の島先生との“医師2名体制”で担うので、お子様からご高齢の方まで、すべての診察が同じ枠組みの中でできるようになっています。どのような方のどのような症状でも受け入れられるよう、体制を整えていることが強みです。

佐々木先生

Q:最終受付時間が19時までなのも、地域の皆様にとっては非常に心強いですね。

A:そう思っていただけると嬉しいです。桐和会グループのクリニックは、ほぼすべてのクリニックが9時から19時までを受付時間としています。
当院があるベイサイドクロスタワーは駅と直結していますし、豊洲にお住まいの方はもちろん、お仕事をされている方にも通いやすいクリニックであれたらと考えております。

Q:地域の皆様の生活に寄り添うことを重視されているようですが、 “地域医療”をどのようにお考えですか?

A:一般的なイメージは“地域に住む方のかかりつけ医”かと思いますが、私は“地域”という言葉に、仕事や学校などで通う方々も含まれるのではないかと思っています。
地域に住む方、通う方皆様が一番に相談できる場を作り、安心を提供することが、地域医療の大きな役割のひとつだと考えています。

Q:佐々木先生が患者様の診察をする際に心掛けていることはありますか?

佐々木先生

A:同じ病気で来院した方でも、悩みは人それぞれです。例えば先日、すねを打撲した女性が相談に来ました。
痛みが強いのかと思いましたが、よく話を聞くと、アザがなかなか消えないということが一番の悩みでした。同じ症状でも、人によって求めるものは違いますよね。患者様ひとりひとりの悩みを見極め、解決できるようにしていきたいなと考えています。

Q:先生の趣味や休日の過ごし方を教えてください。

A:子どもが4人おりまだ小さいので、休日は育児をしています。面白がってやっているので、半分趣味のようなものですね!
他には実益を兼ねて料理もします。煮物など、つまみにもおかずにもなるものですね。ケーキなんかもたまに焼きますよ。

Q:最後に、地域の方々と来院を検討される皆様にメッセージをお願いします。

A:どのような方のどのようなお悩みでもまず伺って、なるべく当院で解決できるように勤めてまいります。
当院で解決することが難しい場合には、専門機関病院などにご紹介することもできます。お悩みがありましたら、何でもご相談ください。

佐々木先生

佐々木 隼人院長
経歴

    専門医

  • 総合内科専門医、
    消化器病専門医、
    消化器内視鏡専門医、
    カプセル内視鏡読影認定医、
    抗加齢医学会専門医、
    東京都難病指定医
  • 所属学会

  • 日本内科学会、
    日本消化器病学会、
    日本消化器内視鏡学会、
    日本カプセル内視鏡学会、
    日本抗加齢医学会

医師紹介



Q:はじめに、島先生が本院の先生になるまでの経緯と担当診療科目を教えてください。

A:医師になってからは総合病院におりましたが、日常にある子供たちの病気の診察に携わりたく、昨年から桐和会グループの医師として勤務しています。現在(取材日2020年3月)は、東京都江戸川区にある篠崎駅前わんぱくクリニックと西葛西わんぱくクリニックで総合的な小児内科の診察をしています。

Q:桐和会グループには“わんぱくクリニック”や“にこにこクリニック”などがあり、クリニックの特徴によって名称を分けています。本院は“ファミリークリニック”の第1号ですが、他のクリニックとの違いや強みを教えてください。

A:まず、受付の仕様が特徴のひとつです。受付後に、小児科、総合診療科、リハビリとそれぞれの待合室に分かれるようになっています。私が安心だと思っていることは、ご両親がお子様と一緒に来院された際、成人の症状で悩む点があった場合に、すぐに近くにいる総合診療医の佐々木院長先生に相談できることです。どのような年齢の方でもご来院いただければ対応できる準備が整っています。
また、最終受付時間が19時なので、ご両親はお子様の幼稚園が終わった後に一緒に来ることもできますし、午前診療も13時まで行っていますので、12時で幼稚園から帰られたお子様や、豊洲で働いている方はお昼休憩の時間を利用して来院いただくこともできるのではないかと思っています。

Q:診察の際、小児専門医として島先生が気を付けていることはありますか?

A:できるだけ子供の方を向き、今から何をするのか伝えるようにしていますね。
今は昔のように紙カルテでなく電子カルテになってしまったので、お子様の顔を見て話すよう意識しないと、医師はどうしてもパソコンの方を向いてしまいます。
大人はカルテを見ていることがわかりますが、診察に来た子供たちからすると、先生は何を見て話しているのだろう?と不安に思うはずです。注射であればできるだけ早く終わらせること、終わった後は褒めてあげることを心掛けています。頑張っても褒めてもらえなかったらすごく寂しいじゃないですか!? それから、近年お母さんたちが不安がっているのは、こんなにも打つ必要のある注射があるのかということです。初めてのお子さんであればなおさら。その時は、ワクチンができたことで救われた命がどれだけあるか経験を交えてお伝えしています。

島先生

Q:相手が子供でも大人でも、言葉で伝えることを大切にしていらっしゃるのですね。

A:そうですね。私としては、その注射を打つ理由を知っていただいた方がご両親にも納得していただけますし、一緒に頑張ることができると思うのです。
以前勤めていた総合病院に、“チャイルドケアスタッフ”という、子供の心をサポートする専門職の人がいました。その人たちが検査をする子供たちに、どうしてこの検査をするのか、どういう手順で検査をするのかを話していたんですね。こんなに小さな子に理解ができるのかなと半信半疑でしたが、伝えた方がすんなりと治療を受けることができていました。意外かと思いますが、幼稚園くらいのお子様でもちゃんと伝わります。大人同士が話していて、子供がポツンとなる場面って時々ありますよね。そのシチュエーションがクリニックなら、置いてきぼりにされながら嫌なことだけされる感覚です。クリニックに来て、より寂しい思いをするというようなことにはしたくないです。

Q:子育て中のお母さんやお父さんに日常生活で注意していただきたいことを教えてください。

島先生

A:どこかが痛い・気持ちが悪い・トイレが出にくいなどお子様が困っている際は、“自分だったら親にこうしてほしい”という考え方で対応していただけると嬉しいです。
子供たちにとって心の拠り所はいつもお母さんとお父さんです。お子様の具合が悪いときはご両親も不安になるかと思いますが、どうかお子様の前では安心できるような表情をしてあげてください。不安なことは私どもにお話ししていただけますと幸いです。

Q:今後は豊洲の皆様の生活をサポートしていくことになるかと思いますが、“地域医療”に取り組むにあたって実践していきたいことを教えてください。また、地域の皆様にお願いしたいことがあれば聞かせてください。

A:まず、駅も商業施設も近いので、急な体調変化の際にも受診していただける場所にあると思っています。
身体に違和感を感じたり少しでも気になったりしたことがあれば一緒に考えていきたいですし、すぐに解決できる問題でなければ、経過を見ながら継続的に、検査や治療、高次医療への紹介などをしていきたいです。小児専門医の立場としては、お子様の成長を見守っていくことも“地域医療”であると考えています。それから、近年はインターネットで情報収集をされる方が多いですよね。若い世代も多く暮らす豊洲では、地域柄特にそうではないかと思います。調べていただくことは良いことですが、ネットの情報がすべて正しいわけではないことをお伝えしたいですね。インターネットだけを信用してしまうのではなく、ご自身で調べたことをクリニックで質問していただけたらいいかなと思います。

Q:先生の趣味や休日の過ごし方を教えてください。

A:昔からパワースポットに行くことが好きで、最近では日光東照宮や箱根に行きました。関西でいうと、那智の滝や熊野大社に行ったことがあります。美人観音様のいる京都の泉涌寺は特にホッとする場所ですね。

Q:最後に、地域の皆様とこれから来院を検討される皆様に向けてメッセージをお願い致します。

A:初めてのお店に入るとき緊張してしまうように、病院なら一層不安を覚えながら来院されると思います。
開院してしばらくは初対面の方が多いので、話しにくいこともあるでしょう。不安に感じることはお話しいただければひとつひとつ解決できるよう努めますし、医師の視点で気づいてアドバイスできることもあると思っています。どんなことでも相談しやすいクリニックを目指したいと思いますので、遠慮なく何度もお話ししてくださると大変嬉しいです。

島先生

島 裕子先生
経歴

    資格

  • 新生児蘇生法インストラクター

    専門医

  • 小児科学会専門医
  • 所属学会

  • 日本小児感染症、
    日本周産期新生児学会、
    日本小児救急医学会、
    日本小児内分泌学会、
    日本小児アレルギー学会、等に所属